Chibinyan's Room

桃さんと旦那さんとの生活。 のんびりの1日を・・・☆

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

06月24日

(土曜日)

入院1日目・・・。

6時に病院出ました。
救急車には一人、付き添っていい。って事だったので、
アタシが。なんと、助手席に・・。

30分で、芦北に。着いたのに、乗り継ぎの救急車が
来ない。35分待ちました!!
その間に、後続の身内の車も追いつきましたさ。

でも、一番いい状態の時に、運んでくれたんだと・・
思う。何事もなかったから、言える事。
義姉にも、今なら 話が出来るかも、って言った。


アタシは、妹に電話。←(留守番だった。)
病院に運んで、ここまで運ばれてくるのに、実は
アタシは、泣いていなかったの。多分ね、逆に顔を見て
安心したんだと思う。それまでは、ただ、ただ、
「え○ちん、え○ちん」
の声が、エンドレス。
妹と話してたら、涙が止まらなくて。
母に「アンタが泣いててどうするの!!」←これを
何回言われたことか・・・。

8時30分に熊本○○病院に着いた。
すぐ、治療も始まった。
10時30分ごろ、終わり 中に4人ほど呼ばれ、説明。

「向こうからの状態は、あまり変わっていませんでした。
向こうより、少し大きいステントでやって、様子をみたら
良いようです。しかし、容態は急変するかもしれません。
なので、足の付け根のカテーテルは暫く、そのままに
しときます」

え!?もう、心臓止まることはないいんですか!?
とは、聞けなかったのでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。